建設業の経営事項審査項目である財務諸表の経営状況分析(Y点)の算定機関です。
本社: 山口県宇部市北琴芝1-6-10
福岡センター: 福岡市東区千早4-15-12-301
アーカイブ | RSS |
建設業許可申請、経営事項審査が電子申請で可能に−2022年から開始予定−
投稿日時: 2019.09.02

国土交通省は、建設業許可や経営事項審査の電子申請を2022年度から開始する方針を固めました。
膨大な申請書類の作成や審査が、申請者である建設企業と審査する許可行政庁にとって大きな負担となっていることから、電子申請を可能とすることで、双方の事務の大幅な効率化を実現できます。電子化による生産性向上へ、20−21年度でシステム改修など具体化に向けた取り組みを進める見通しです。
20年度予算概算要求には、「建設業許可等の電子申請化に向けた調査・検討」として6000万円を計上。改正建設業法に盛り込まれた経営管理責任者に関する規制の合理化や社会保険の未加入企業に許可・更新を認めない仕組みも含めて、電子申請実現に向けた課題の調査・検討を行います。

現在、建設業法および同法の施行規則では、許可要件に関する審査書類(許可要件にかかるもの)と、注文者などが適切な事業者の選定を行うため、公衆の閲覧に供することを目的にした工事経歴書、直前3年の各事業年度における工事施工金額などの添付書類(許可の審査にかかるもの以外)の書面による提出を求めています。この書面による手続きについて、電子化や申請データの電子的な確認(審査負担の軽減)によって、手続きに要する事務の効率化を実現。申請者である建設企業と審査する許可行政庁(都道府県)の双方の働き方改革を後押しすることが期待されます。

※申請書類の簡素化と電子化に向けた取り組みは、建設産業政策会議が17年7月にまとめた提言『建設産業政策2017+10』に盛り込まれた施策の1つです。18年度から申請者である建設企業や審査する許可行政庁(都道府県)に対するアンケートを実施し、手続きの現状や双方の事務の実態を把握を進め、簡素化すべき書類や電子化への方向性の検討を開始されていました。